ダブルライセンス

六法全書行政書士や宅建を専門学校で学ぶことは、効率の良い方法になるのは間違いありません。学生の間に学んでいけば、大きく見識を広げられるようになるでしょう。法律に関しての知識を持てるようになることは、さまざまなメリットを生み出します。憲法という部分から学ぶ必要も出てくるのですから、日本人としてどんなことが必要なのかという解釈というレベルから見につくからです

実際にこの二つの資格を見てみると、両方を身につけるというのもひとつの考え方になるでしょう。ダブルライセンスと呼ばれることもありますが、相性のいい資格同士だからです。専門学校のコースでも、ダブルライセンスで目指せるようになっている場合もあります。

相続に関わるような不動産売却となると、宅建だけではなく、行政書士の強みが出てくるようになるでしょう。単純な例ですが、他にもいろいろなメリットが存在し、活用することによって大きく道が開けてきます。特に行政書士として独立を考えているのであれば、他所との差別化という部分でも取得を目指していくといいでしょう。専門学校であれば、2つの異なる資格であっても効率よく進めていくことができることは、しっかりと抑えておかなければいけません。